足立の40円ラーメン、提供終わる

足立区新田にある駄菓子店”セキノ商店”が1杯40円で提供していた”こぶつゆラーメン”が8月29日で終了しました。
このラーメンはネットで話題になったり、店主・関野ヤヨ子さんの生い立ちがテレビで放映されるなどしていました。
関野さんは「体力の限界。こぶつゆを柄杓で皿に注ぐとき、つまずいて子どもたちにかかってしまっては大変だから」と話していました。
麺を仕入れてるお店も畳んでしまうそうで、いい機会だっと思ったとの理由もありました。。
通りを通る子どもたちから「ただいま」とあいさつされたり、「おばちゃん手伝うよ」と手を貸してくれたりする子どもが多く、日々幸福感を感じていたそうです。
最終日は、「きょうでこぶつゆはおしまいです」と書いた手書きの紙を貼り出し、”こぶつゆラーメン”を愛する地元の人の口コミだけで集まったお客さんに提供して終了しました。
駄菓子店は続けていくそうです。
営業時間は「お昼くらいから暗くなるまで」。
長年愛されてきた味。
無くなってしまうのは寂しいですが、50年間お疲れ様でした。

溺れた生徒意識戻る

仙台の宮城広瀬高校で水泳の授業中、2年生の男子生徒が溺れ水底であおむけに沈んでいるのを発見された。
生徒は意識不明で、教員が救命措置を行い病院に搬送された。3日後に病室で意識を取り戻したという。
生徒は会話や食事ができるほどに回復しているが、おぼれた時のことに関しては「よく覚えていない」とのことだった。
授業中は男子生徒23人が水球をしており、男性教諭1人がプール内にいたという。生徒の異変に気が付いたのは、プールの底に沈んでいるのを見つけたときだったが、すぐに救命措置を行ったそうだ。
教育委員会は「教員は気付くのが遅れたが、心臓マッサージなどの救急救命措置は適切だった」とコメント。
あっという間に意識を失ったため覚えていないのだとしたら、脳性の病気も疑える。とにかく意識が戻って良かった。回復時、母親が病室に居合わせたそうだ。親も一安心できただろう。